ペルー ~旅行情報~

世界各国お役立ち情報ペルー > 観光名所:ナスカの地上絵

ナスカの地上絵

巨大な大地に描かれた、謎を多く秘めた絵

ペルー南部海岸地帯の砂漠に描かれたさまざまな地上絵の真相は、1939年にポール・コソック博士が発見して以来、現代でも謎に包まれている。紀元前100~800年ごろ、ナスカ地方で栄えた文化によって描かれたといわれている。広大な砂漠に、コンドルやトカゲ、宇宙飛行士などの動植物の絵が約30個、数10キロメートルにわたる直線が約300本。絵の大きさは全長100メートル以上にもおよび、飛行機のない時代にいったいどのように、何のために描いたのか、謎は深まるばかり。砂漠に立っていても、全体像はわからないので、遊覧飛行で空から地上絵の謎に迫ろう。

エイビーロードWebサービス

ペルーの観光名所

オリャンタイタン
巨大な6つの石が立ちはだかるインカの要塞
クスコ周辺
インカ帝国の繁栄と建築技術の高さを物語る
ピサック遺跡と日曜市
聖なる谷に残るインカの暮らしに触れる
ナスカの地上絵
巨大な大地に描かれた、謎を多く秘めた絵
ウロス島
自然の知恵で作られた葦の住居を見学
チチカカ湖
インカ帝国の初代皇帝が降り立った伝説の湖
マチュピチュ
断崖に建つ、謎に包まれた神秘の空中都市
シルスタニ遺跡
静かな高地に立つ、プレ・インカ時代の墓
パジェスタス島
太平洋にポツンと浮かぶ動物たちの楽園
パチャカマクの遺跡
プレ・インカ時代に栄えた宗教都市の跡
リマ
スペイン統治時代の街並みと考古学のメッカ

エイビーロードWebサービス

世界各国お役立ち情報ペルー > 観光名所:ナスカの地上絵