チェコ ~旅行情報~

世界各国お役立ち情報チェコ > 観光名所:ブルノ

ブルノ

国際見本市で有名なモラビアの中心都市

チェコはボヘミアとモラビアの2つの地域に分けられるが、モラビアの中心になる都市がブルノ。年2回開かれる国際見本市でも有名だ。歴史的な観光スポットは旧市街の周辺に集まっている。主なものはゴシック様式の聖ペテロ・パウロ教会、ナチスの監獄としても利用されていたシュピルベルク城、遺伝学のメンデルがエンドウの交配実験を行ったメンデル修道院など。ブルノ郊外にはモラビア・カルストと呼ばれる石灰岩の台地があり、鍾乳洞の見学もできる。

エイビーロードWebサービス

チェコの観光名所

カルルシュテイン城
美しい丘に建つゴシック様式の壮麗な古城
カレル橋
30体の聖人像が並ぶプラハ最古の石の橋
コノビシュチェ城
飾られた剥製に目を見張るバロックの古城
チェスキー・クルムロフ
さまざまな建築様式が調和した美しい城
ドレスデン
エルベ川のほとりに佇むバロックの古都
バーツラフ広場
プラハ随一の繁華街は歴史の証人
プラハ城
教会や宮殿、庭園を敷地内にもつ広大な城
ブルノ
国際見本市で有名なモラビアの中心都市
ボヘミアの古城
緑に囲まれて静かにたたずむ名城の数々
マイセン陶磁器工場
高級陶磁器ブランド「マイセン」の工房
ライプチヒ
バッハやゲーテゆかりの文化・芸術都市
旧市街
中世の街並みがそのまま残る石畳の地区
聖ビート教会
プラハ城内にそびえる大迫力のゴシック教会

エイビーロードWebサービス

世界各国お役立ち情報チェコ > 観光名所:ブルノ