カンボジア ~旅行情報~

世界各国お役立ち情報カンボジア > 観光名所:ワットプノン

ワットプノン

街の名はここから。ペン夫人の丘の寺

ワットプノンという寺は、プノンペンの街の名の由来にかかわっている。昔、ペン夫人という裕福な家庭の信心深い女性が、川を流れてくる仏像を見つけた。そこで近くの小高い丘(プノン)に祠を建てて、仏像を手厚く祀った。この丘は夫人の名にちなみ「ペン夫人の丘」つまり「プノンペン」と呼ばれ、そのまま街の名となったという話である。現在もこの丘にはワットプノンがあり、鐘型仏塔やペン夫人の像を祀った小さな祠がある。階段の手すりにはナーガと呼ばれる大蛇の彫刻があって興味深い。また、この丘からは市内を一望のもとに眺められる。

エイビーロードWebサービス

カンボジアの観光名所

アンコールトム
「クメールの微笑み」に出会う大都城
アンコールワット
密林に残る、クメール王国栄光の大寺院
シルバーパゴダ
カンボジアの財宝が納められた王室の寺院
セントラルマーケット
プノンペンの活気を実感できる市場
ツール・スレン博物館
ポル・ポト政権の残した悲惨な監獄
トンレサップ湖
魚の宝庫トンレサップ湖に暮らす人々
ワットプノン
街の名はここから。ペン夫人の丘の寺
国立博物館
クメール芸術の至宝を収蔵する博物館
王宮
シアヌーク殿下の公務と居住の場

エイビーロードWebサービス

世界各国お役立ち情報カンボジア > 観光名所:ワットプノン