カンボジア ~旅行情報~

世界各国お役立ち情報カンボジア > 観光名所:アンコールワット

アンコールワット

密林に残る、クメール王国栄光の大寺院

12世紀中ごろに繁栄を極めたクメール王国の都城を、クメール語でアンコールと呼ぶ。歴代の王が大規模な建設事業を行ったが、木造建築物はすでになく、現在残っているのは石造の寺院や神殿のみである。代表的なものがこのアンコールワットで、世界最大の石造寺院といわれている。アンコールワットは堀に囲まれた広大な敷地に、3つの回廊と5基の堂塔からなる。回廊には「マハーバーラタ」「ラーマーヤナ」の世界やヒンドゥー神話の天地創造の図、優雅なデバダ神などのレリーフが豪華かつ緻密に施され、圧倒される。神が降臨するとされた中央の尖塔

エイビーロードWebサービス

カンボジアの観光名所

アンコールトム
「クメールの微笑み」に出会う大都城
アンコールワット
密林に残る、クメール王国栄光の大寺院
シルバーパゴダ
カンボジアの財宝が納められた王室の寺院
セントラルマーケット
プノンペンの活気を実感できる市場
ツール・スレン博物館
ポル・ポト政権の残した悲惨な監獄
トンレサップ湖
魚の宝庫トンレサップ湖に暮らす人々
ワットプノン
街の名はここから。ペン夫人の丘の寺
国立博物館
クメール芸術の至宝を収蔵する博物館
王宮
シアヌーク殿下の公務と居住の場

エイビーロードWebサービス

世界各国お役立ち情報カンボジア > 観光名所:アンコールワット