イエメン ~旅行情報~

世界各国お役立ち情報イエメン > 観光名所:マーリブの遺跡

マーリブの遺跡

古代イエメンの栄華を物語る遺跡群

サナーの東に位置する砂漠の中の町。かつてはシバ王国の首都として栄えていた。その繁栄の基礎となったのが、紀元前8世紀に造られたダムの水を利用した農業だった。この水資源のために、その後支配者が変わっても、マーリブがこの砂漠地方の中心的存在であることに変わりはなかった。しかし570年にダムが決壊して以来衰退。現在では石とレンガの廃墟となっており、オールド・マーリブと呼ばれている。付近には、シバの女王ビルキスの宮殿、アルシュ・ビルキス(月の宮殿)とマハラム・ビルキス(太陽の宮殿)の跡が残っている。

エイビーロードWebサービス

イエメンの観光名所

サナー
旧約聖書の時代から続く世界最古の街
ハジャラ
岩山の頂につくられた城壁都市
マーリブの遺跡
古代イエメンの栄華を物語る遺跡群
国立博物館
元王宮に展示されるイエメンの歴史と文化

エイビーロードWebサービス

世界各国お役立ち情報イエメン > 観光名所:マーリブの遺跡