Diary ~世界一周 旅日記(ブログ)~

魅惑のダハブライフ、スタート!

世界一周旅行225日目。昨日の疲れも生じて昼まで爆睡。そして、忘れてはいけない私たちの任務「こうちゃんとの再会」を果たすべく、ダハブの日本人宿である『DEEP BLUE』へ。 DEEPはダイバー専用宿の為、ダイビングしないと泊まれない。本当は我々もここの宿に泊まりたかったのだが、ダイビング受講料400ドルという大金と私の運動神経の無さを考慮して、泣く泣く断念したのだった。。 そして、いました!いま...

魅惑のダハブライフ、スタート!

最強リゾート地 ダハブへ!

世界一周旅行224日目。少し寒くなってきたアンマンから逃れるように、我々は暖かさを求めてエジプトへ南下。エジプトの『ダハブ』という街へ避難することに。 ここ『ダハブ』は、バッカーにとっては天国のようなリゾート地。普通リゾート地と言ったら、通常よりも倍の値段で宿代がかかるのだが、ダハブでは何と1泊300円~という破格の値段で泊まれてしまうのだ!!(しかもドミじゃなくて、ダブルルームで!) ということ...

最強リゾート地 ダハブへ!

古着の鬼 再来。。

世界一周旅行223日目。うちのダンナは大の古着好き。南米でも安い古着市があると、まるで子供のように目をキラキラさせて獲物を物色。そして、見事『Patagonia』のジャケットをゲットしていました。。 で、ここアンマンでも毎週金曜日には古着市が開催されている。キングフセインモスクの裏通り付近一帯が古着でいっぱいに。そんな情報が耳に入った日にゃダンナが行かないわけがない。。南米で買ったアウターがあるの...

古着の鬼 再来。。

グルメレポート!『アンマン編』

世界一周旅行222日目。ヨルダンの首都、アンマン。申し訳ないのだが、本当にこれと言って見るものがない。。。観光スポットらしきものが無いのである。でも、アンマンはなぜか居心地がよく、何をする訳でもないのに、ついつい長居してしまうそんな街なのだ。 そんなアンマンは何気に『食』のレベルが高い気がする。そう。アラビアパンがめっちゃ美味!柔らかくてほんのり甘くて、普通アラビアパンと言ったら、薄くて硬くて冷め...

グルメレポート!『アンマン編』

大ブーム

世界一周旅行221日目。です。『大富豪』が!もうイスラエルから何回やってんだ。。って話ですが、大富豪ってこんなに面白いものって旅に出て改めて気付かされましたよ。。 確かに大学生の頃は、徹マンならぬ徹富豪してましたけど、ルールも地方によってそれぞれ違うので、この旅で出会った人から色々新しいルールを教えてもらったりして。 そんなこんなで、更に面白くなった大富豪。ということで、今回は我々がこんなにはまっ...

大ブーム

またまたアンマンへ

世界一周旅行220日目。本当にアンマンへ何回戻ってきてるんだ。。。ちなみにイスラエルからアンマンへ戻る際に、スムーズに帰れたので少しご説明。 ファイサルを出て左に進み、門の前の道に出たらまた左へ。するとすぐ左手に乗合タクシー乗場があるので、そこでイミグレまで乗車。(1人35NIS:約1,050円) イスラエル出国はもちろんすんなり。なんてたって我々は入国スタンプを押されているので、パスポートにがっ...

またまたアンマンへ

楽しいスイミング♪ IN 死海

世界一周旅行219日目。『死海』。誰しもが聞いたことのあるその言葉。漢字そのまま読むと死の海な訳ですが。。そう。あまりにも塩分濃度が高すぎて、死海には魚が生息出来ないと言われる死の海。 だけど、その死海から取れるミネラルは相当なものらしく、泥パックはもちろんのこと世界の美容製品にも使われたり、健康食品に取り入れられたりと、素晴らしい活躍を見せている。 そして、この死海で誰しもが1度はやってみたい!...

楽しいスイミング♪ IN 死海

充実したエルサレム観光

世界一周旅行218日目。以前ペトラで出会った山本さん。彼はユダヤ教の研究でイスラエルに留学中。イスラエルに来たら連絡してくださいね。という優しいお言葉に甘えて、連絡したところ、大学の先輩ノゾムさんと一緒にエルサレム観光に連れて行ってくれることになりました! 色々な疑問があったのがこれで一気に解消される!という期待を胸にいざ出発ー 最初にまずは、『嘆きの壁』へ。早速の質問。『なぜこの壁が嘆きの壁と呼...

充実したエルサレム観光

恐ろしい罰ゲーム

世界一周旅行217日目。本日は朝からのんびりエルサレムの街散策。イエス・キリストが十字架を背負って歩いた道などを見るも、今ひとつ。こう。。。なんですか。。。グッと来ないというか何というか。。。 我々が敬虔なクリスチャンならもう感嘆の嵐なのでしょうが、やはりそこは宗教の違いなのでしょう。更にまだまだイスラエルに関して勉強不足だったため、この建物が何故建てられたのかなど全く分からない。。。。 そうなる...

恐ろしい罰ゲーム

イスラエルの濃い~い1日

世界一周旅行216日目。イスラエルには『パームホテル』と『ファイサルホテル』という2つの安宿がある。昨晩はファイサルが満室だったために、みんなでパームホテルに泊まった。 が、宿代が値上がりドミで1人40NIS(約1,200円)!!しかも、従業員の態度も横柄で、ベットも穴あきで最悪だった。なので、朝一で隣のファイサルにお引越し。         ▼こちらは共有スペースも広々 そして、その足でみんなで...

イスラエルの濃い~い1日

Search
Feeds
おすすめ書籍
Thanks
Sponsored link
alphapolis